ハナショウブ

ふと思いたち、県立相模原公園の水無月園に行ってきました。

朝の6時台というのに、カメラと三脚を抱えた人たちが大勢詰めかけており、コンデジの私は少し場違いの感すらあります。

ハナショウブのことは全然詳しくありませんが、説明の看板を見ると、江戸系、肥後系、伊勢系という品種があって、さらにそれぞれに「涼夕」とか「碧濤」などという典雅な名前がつけられています。

その昔、江戸時代に各地の大名がもっと艶やかな花をと大尽芸を競った結果、数々の品種が生まれたようです。

江戸系

 肥後系

 伊勢系

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中