少しずつ秋の気配

今日は二十四節気の白露。「秋はいよいよ本格的となり、野の草には露が宿るようになる」時期だそうですが、連日、夕方になると土砂降りの雨と雷とで、そんな風雅な時候とは思えません。
真夏のように照りつけるような陽射しはなくなりましたが、雨が多いためか蒸し暑い日が続いています。

とは云うものの、早朝の箱根はめっきりと涼しく感じるようになりました。午前6時ごろでは、車の外気温計で見ると20℃前後です。街中よりも自然に近い箱根では確実に秋の気配を感じます。
仙石原のススキも、葉や茎はまだ青々としていますが、穂先は金色にひかり始めていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中