酔芙蓉

相模原市立相模原麻溝公園で酔芙蓉が開花を始めました。

花の色が、一日で白からピンク、赤へと、まるで酒飲みの顔色のごとく変化するのにたとえて酔芙蓉と名付けられています。
写真は午前7:00頃の撮影で、まだ花の色は白ですが、お昼近くには薄いピンクに、夕方には赤くなって翌朝には萎んで落花してしまいます。
写真にある赤く萎んだのが、昨日飲み過ぎて赤くなって倒れる寸前の花です。

こちらは園内にある普通の芙蓉。この花も一日で落花しますが色の変化はありません。

可愛いタマアジサイも咲いていました。ハナムグリが一心不乱に食事中?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中