初山は三ノ塔

お正月の2日。今年最初の山歩きは、これまた初の三ノ塔に行って参りました。

元日は家でのんびりしていた方も2日目には山の虫が疼くようで、秦野駅発ヤビツ峠行きバスは満員。
バスを降りた人はほとんど大山に向かい、残った人はわずか。これから塔ノ岳や三ノ塔に向かう人たちでしょう。私はこのルートは初めてなので皆さんの後について行くことにしました。

20100102-1

ヤビツ峠バス停から舗装路を歩くこと約20分。富士見山荘の前を左に折れ、その先に三ノ塔、塔ノ岳へと続く表尾根登山口がありました。

20100102-2

登山口から二ノ塔は、ほぼ全編勾配のきつい登りが続きます。樹林の中なのであまり見通しもよくありません。樹林を抜けガレ場を登りきったところが二ノ塔です。

20100102-3

登山口からちょうど1時間で二ノ塔に到着。
写真には写っていませんが、二ノ塔頂上からも富士山がよく見えました。右前方には目指す三ノ塔が見えます。さぁ、もう頑張り!

20100102-4

もう一頑張りするほどもなく15分ほどで、あっけなく三ノ塔頂上に到着。
さすが、丹沢表尾根随一の展望を誇るだけあって360°絶景が広がっています!この素晴らしい富士山の姿!
正直、景色を見てこんなに感動したのは初めてかも。何だかグっときて涙ぐんでしまいました。(歳のせい OR 寒さと風のせい?)

20100102-5

ほとんどの人はここから塔ノ岳へ向かうようですね。私はというと、少し食指が動きましたが、今回初めてなのと夕方から我が家にお客様が来るということで、今日はここまで。
次回はたぶんこの先へと向かうことでしょう。(でも岩場とかクサリ場があるそうで、大丈夫かなぁ?)

20100102-6

登ってきた道を少し戻ると三ノ塔尾根分岐があります。ここから戸川方面に下山することにしました。
尾根道は、まあ普通に整備されているという感じでした。ただしスギの樹林がけっこう密生していて、日中日が高い時間でも薄暗いです。今の季節だと15時過ぎると少し怖いかも。

20100102-7

山頂からほとんど休憩せずに1時間30分ほどで戸川公園に到着。風の吊り橋が見えてきました。

20100102-8

風の吊り橋を渡り終え、振り返って見ると、今下りてきた三ノ塔、二ノ塔が見送ってくれていました。

20100102-9

今回、三ノ塔に登ってみて感じたのは、ハイキングから登山の領域に少しだけ近づいたということ。云い替えると、山の上にだけある独特な世界というものに触れることができたという気がします。
そうした意味で、今年初の山行きは、非常に満足、充実したものになりました。

(番外)
大倉バス停で渋沢駅行きのバスを待つ間、春の足音を見つけました。

20100102-10

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中