陣場山、なかなか良山でした #1

今年からは少し山域を広げてみようという思いもあり、その第一弾として「陣馬山」に行って参りました。(2010/1/9)
でも陣馬山って、実は私の住む相模原市と八王子市にまたがる、いわば地元の山なんですよね。

今回は、神奈川県側の藤野町を起点に、上りは一ノ尾根で、下りは麓にある陣馬の湯に寄り、一風呂浴びて帰ることにしました。

藤野町へは、JR横浜線、中央本線と乗り継ぎます。いつもの小田急線の通勤型車両と違い、高尾から中央本線の各駅停車は垂直シートのボックス席。いかにも登山列車っていうムードで弥が上にも気分が盛り上がります。藤野駅から登山口に向かうバスは、3連休初日ということで満員。およそ5分で陣馬山登山口バス停に到着しましたが、降りたのは私を入れて3人だけ。残りの人はこの先の終点、和田登山口から登るのでしょうか。

バスを降り道路を渡ると陣馬山登山口の立派な標石がありました。この先すぐのY字路を左に行くと一ノ尾根です。(右へ行くと栃谷尾根や今回下山に使った奈良子尾根の登山口に行きます)

20100109-1

20100109-2

分岐からしばらくは急な舗装路を登っていきます。かなり上まで人家が続き、なかなか登山口らしきものが現れません。途中で登山口を見落としたかな?と不安になった頃ようやく「←至陣馬山」と書かれた標識がありました。
一ノ尾根ってかなりメジャーな登山道だと思うのですが、標識はかなり素朴です。

20100109-3

登山道に入るといきなり急登が始まりますが、その後はなだらかな尾根道が続きます。

20100109-4

ホッとしたのも束の間。しばらく行くとこんな看板が・・・この先辛い登りが続くのかなぁ・・・。

20100109-6

すると、根気を入れるまでもなく富士山が顔を覗かせました。

20100109-8

明け方は冷え込んだようです。ところどころ霰の降ったあとがありました。

20100109-5

見上げるとすばらしい青空。はやく頂上に着かないかな。

20100109-7

山頂まではジグザグの登りと平坦な道の繰り返し。緩急織り交ざった気持ちのいい道が続きます。

20100109-10

頂上直下には木組みの階段が続きます。ついつい急ぎ足になりますが、乳酸がたまった脚は軽快に上がってくれません。あともう少し・・・。

20100109-11

#2に続く。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中