厳冬の矢倉岳~足柄古道を行く

1月13日に丹沢では積雪があったとのことで、雪の無さそうな矢倉岳に行って参りました。(2010.1.16)
矢倉岳は約1ヶ月ぶり。前回は初冬とはいえ春のようなポカポカ陽気でしたが、今回はどうでしょう。

例によって、矢倉沢(本村)から登りました。

ほとんどの低木が葉を落としている中で、中腹に多く生えているアオキの緑が目にも鮮やかです。実も赤く色づいて、そこだけ冬じゃないみたいです。

てなことを思いながら久し振りの急登を登り終え、頂上まであと一息のところまで来ると・・・。
なんと、矢倉岳でも雪が降ったんですね。すでに踏み固められて滑りやすくなってました。

麓ではあんなに晴れていたのに、頂上まで来たら雲が出てきました。富士山は雲の中でまったく拝めず。金時山にもうっすら雪が積もっているのが分かります。
「矢倉岳にしておいて良かった」と思ったのも束の間・・・

下山しようと万葉公園方面へのルートを下り始めると、いきなり積雪!
写真では分かりづらいですが、頂上から続く急勾配の箇所はほとんどアイスバーン状態。
どうしよう 😦 アイゼンなんか持ってないぞ。

でも進まなきゃ始まらないので、文字通り這々の体でなんとかクリア。万葉公園まで無事下山できました。
今回は、ここから足柄古道を通って地蔵堂まで下りることにしました。足柄古道は今回初めて通ります。

古道の起点、足柄峠まで行くのはかなり遠回りになるので、このまま県道を下り、途中から古道に入ることにしました。

10分ほど下ると「足柄道→」という標識があり、そこから古道に入ることができました。
石畳の道やほとんど登山道といった感じの道を下ります。

見晴台の四阿(あずまや)付近。古道は、県道を縫うように地蔵堂方面へと下っていきます。

ようやく地蔵堂付近まで下りてくると、空から白いものがちらほら降ってきました。
こう寒いときは、やっぱり締めくくりは「万葉うどん」でしょう!
カレーうどんを待つ間、大根の酢漬けで純米酒「足柄古道」を一杯、いや二杯。・・・浸みました。

One thought on “厳冬の矢倉岳~足柄古道を行く

  1. ミナミ 2010年1月19日(火) / 1:54 PM

    え~!!

    下から見てると全然雪なんかなさそうに見えますけど、こんな雪道みたくなってたんですね。

    すごくびっくりです。

    登ってみないと分からないものですね。

    教えてあげようっと。(誰に?内緒です)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中