石老山 落ち着いた佇まいでした

先週の矢倉岳ではアイゼンがなくてビビリましたが、よほど緊張して脚に負荷をかけたのか週の半ばまで筋肉痛でした。
というわけで、この週末はのんびり山歩きを楽もうと相模湖町の石老山に行ってきました。(2010/1/23)

相模湖駅から三ヶ木行のバスに乗り10分ほどで石老山入口バス停に到着。このあたりは県の登山道整備が進められているらしく、只今工事中の立派な公衆トイレも完成を待つばかりでした。

車道をしばらく歩くと相模湖病院があり、ここの脇に登山道入口があります。

登山道は、山の中腹にある顕鏡寺の表参道でもあって、大きな杉と苔むした巨岩や奇岩が続き、まるで深山幽谷の世界に踏み入れたようです。

縫うように岩を登っていくと、ほどなく顕鏡寺に到着。古刹の雰囲気漂う境内で小休止しました。

顕鏡寺から20分ほど歩くと融合平見晴台に出ました。テーブルやベンチが数基あって、相模湖方面の眺望がすばらしく、陣馬山やその向こうに生藤山が一望できました。
石老山では、この他にも見晴らしのよいところには必ずベンチが設置されていて、一休みして眼下の景色を眺めることができるのが嬉しいです。

融合平でしばし一服した後、山頂を目指します。明るい尾根が続き、勾配も緩やかになってきました。頂上手前で一旦下り、木の階段を登り返すと石老山の頂上に到着しました。
山頂は丹沢方面に視界が開け、大室山の奥に富士山を眺めることもできました。ここにもベンチやテーブルが数基あり、ゆっくり休憩できます。

大休止の後、帰路は大明神展望台方面に向かいます。頂上から少し下りたところの分岐を右に、階段のある急坂を下ります。尾根道を小1時間行くと小さな赤い祠とベンチがある見晴台に到着。ここはそれほど展望はよくありません。
先客の女の子二人連れのハイカーがいたので「ここが展望台ですか?」と聞いてみると、ここは大明神山とのこと。展望台は少し先ですよと教えてくれました。

なるほど、5分ほどで大明神展望台に到着。360°見渡せそうな立派な鉄製のデッキがありました。残念ながら中高年の団体さんに占拠されてデッキには入れず。団体さんはここで昼食にするらしく、待っていても空きそうもないのでスルーして下りることに。

登りのときと同じく下りも、中腹を過ぎたあたりから麓に近づくにつれ巨岩巨石の間を縫うように下ります。あまりにも大きな岩があちこちにあるので、なんだか自分が魔法をかけられてミニサイズになったような・・・。

鼠坂→という道標に従って下りていくと林道に合流。林道を道なりキャンプ場のバンガロー間を抜け、車道に出て20分ほど下ればピクニックランド前のバス停に出ます。

石老山、奇岩の道、苔むした巨木、明るい尾根歩きと変化に富んでいながらも、何か落ち着いた佇まいのいい山でした。地元の山ですが、気持ちよく上れるように整備して下さっている方々に感謝しています。

(コースの記録)
相模湖駅発三ヶ木行バス(8:41)→石老山入口バス停(8:50)→相模湖病院脇登山道入口(9:01)→顕鏡寺(9:21~9:30)→融合平見晴台(9:52→10:05)→石老山山頂(10:30~10:50)→大明神山(11:25)→大明神展望台(11:30)→林道合流登山口(11:55)→箕石橋(相模湖休養村入口)(12:02)→ピクニックランド前バス停(12:20)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中