生藤山

陣馬山から始まった中央線沿線の山歩きも今回で3ヶ所目。先週の土曜日、神奈川県最北部に位置する「生藤山」に行ってきました。(2010/01/30)

中央本線上野原駅北口の猫の額のようなバス発着場にまずびっくり。もう少し市街地のイメージを勝手に想像していましたがコンビニも見あたりません。地元の駅で食糧と飲み物を調達しておいて正解でした。

井戸行きのバスに揺られ約20分。登山口のある石楯尾神社バス停で下車。まずは神社にお参りして道中の安全祈願です。境内の夫婦杉を見て、昨春、やはり同町の名倉にある同名の神社を訪れたことを思い出しました。

境内に沿って右に折れ、しばらく歩くと登山道入り口がありました。
薄暗いスギやヒノキの植林の中、かなり急な勾配の斜面を大きくジグザグしながら登っていきます。ここのジグザグ、切り返しまでの一辺がかなり長いので結構ツラいです。

ようやく光が射しこんで稜線が見えてきた、と思う間もなく佐野川峠に出ました。 ここからはほとんど明るい尾根歩きです。

ほどなく甘草水入り口の広場に到着。南西の方角に見事な富士山が望めました。この辺り、桜の木が多く植えられているので、季節になりと富士山と桜花を愛でる人で大混雑なんだろうなぁ。

さらに尾根伝いに緩やかに登っていくと、三国山の山頂(960m)に到着。
ここも南側の展望が素晴らしい!富士山はもちろん、その右奥には南アルプスの山々が真っ白な頭を覗かせています。

三国山の山頂には、テーブルやベンチが設けられ、昼食や休憩している人が多くいました。すぐ隣が生藤山の山頂なのに何でここで昼食にするんだろ?と、このときは不思議に思っていました。

プチ岩場を登り、生藤山の山頂(990m)に到着。
先ほどの訳は登ってみて納得。思っていたよりずっと狭く、展望もききません。
先客がいたのでベンチには座れず、昼食もおあずけ。

三国山に戻るのも面倒なので、早々に生藤山を後にして少し先の茅丸(かやまる1019m)で早い昼食をとりました。ここは標高の割には見晴はいまいち。そのためか、巻き道でスルーする人も多いようでした。

気持ちのよい尾根道を進み連行峰(れんぎょうみね)へ。尾根道のピークには、ほとんど巻き道が設けられています。巻き道を取ったりピークを登ったりと変化を楽しめます。

山ノ神の分岐に到着。この日はここから下山し、和田からバスで藤野駅に帰ることにしました。
下り始めはかなりの傾斜をジグザグに下りていきます。この道、脆くなった岩が欠けてたまに落石があって緊張しました。落石箇所にはガレ石が溜まって歩きづらいです。

30分ほどで沢伝いの道に出ました。ようやく静寂の中、緩やかな道を歩けます・・・

と思ったとたん、これです。
治水工事のダンプカー用の道でしょうか。コンクリートの山止めが何だか痛々しいです。

まもなく県道に出て、さらに10分ほどで陣馬自然公園センターに到着。和田のバス停はここの隣にありました。バス待ちの間ここで休憩させてもらいました。ストーブが嬉しかったです。

今回のコース、変化に富んだ尾根歩きが堪能できました。和田からのバスで帰るため下山しましたが、少し歩き足りなかったかな。
もう少し足を伸ばして醍醐峠、和田峠を経由して陣馬高原下まで縦走しても良かったかもです。

(コースの記録)
上野原8:28<バス>石楯尾神社8:50~佐野川峠9:33~甘草水入口広場9:50~三国山10:21~生藤山10:32~茅丸10:45(昼食)11:15~連行峰11:25~山の神11:53~和田(県道合流)12:40~陣馬公園センター12:50

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中