はじめての雪山ハイク 大山

先週火曜日の未明に降った雪で、丹沢周辺の山はかなりの積雪があったとのこと。
雪の山歩きはスキー以外に経験がないし、登山道がどんな状態なのかさっぱり見当がつきません。散々迷った挙げ句、登山客が多いところなら大丈夫だろう、ということで、雪山ハイクデビューは大山に登ることにしました。迷ったときは大山!いつも助かってます。 😉
(2010.2.6)

植林帯の方が積雪も少ないかも・・・と、まったく根拠なしに蓑毛からスタートすることにしました。
いつもの蓑毛バス停は閑散としているのに、この日はヤビツ峠行きのバスが蓑毛折り返しになったらしく、2組もパーティーがいて賑やかでした。

常夜灯の二叉から登山道に入り、林道を横断しながら一気に登って行きます。
途中まで雪のユの字もなく、もう雪解けしたのかなと淡い期待をした途端・・・

甘かったです。百回登山記念碑まで来ると、とうとう雪が現れました。
ここから左に行けば大山へのショートカットですが、この日は安全パイをとって蓑毛越を経由することにしました。
この先は、ところどころ日陰にシャーベット状の雪。蓑毛越からの斜面は5cmほど積雪がありました。
首なし六地蔵から先はご覧の通りかなり積もってます。

凍結している箇所はほとんどなかったので、十六丁目の石碑まではアイゼンなしで登って来れました。
さぁ、ここから先は下山ルートはありません。覚悟を決めて頂上に向かうのみです。
ほとんどの人がここでアイゼンを装着していたので、私もそれに倣いました。

富士見台から。
残念!ちょうど頭が隠れてしまいました。

ヤビツからの合流点を過ぎると、さらに積雪量は多く、20cmぐらいです。
ようやく上社の鳥居と建物が見えてきました。頂上はどんな様子なんだろ?

頂上は一面の銀世界。それでも上社の拝殿も開かれ、茶店も営業していました。
積雪なんか関係なく、訪れている人の数はいつもの週末とあまり変わらないみたいです。
ベンチもほぼ埋まっていました。

帰りは、十六丁目から下社に下りました。
この日のルートで一番怖かったのが下社後方の階段。ただでさえステップが狭くて急なのに、思いっきり凍結していました。最後の最後で怪我をしないように、手すりにしがみつき、へっぴり腰で境内にたどり着きました。

今回は初めての積雪ハイクということで少々緊張しましたが、前の方の踏み跡がある限り、普段とそれほど変わらないことが分かりました。
時折吹く風の音以外何も聞こえない静寂の中、真っ白な雪についた一筋のトレースをなぞって黙々と歩いていると、なんだか別世界にいるようでした。すこし嵌りそうな予感です。
でもしかし油断は禁物。これからも十分な下調べと準備を怠らないように肝に銘じます。

(コースの記録)
蓑毛バス停9:28~蓑毛越10:15~十六丁目分岐10:55-11:05~大山上社(山頂)11:43-12:10~下社13:15-13:35~大山ケーブルバス停14:08

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中