道了尊から明神ヶ岳、明星ヶ岳へ

小田原の山一でお節の蒲鉾を買うのに引っ掛けて、箱根の明神ヶ岳から明星ヶ岳まで歩いて2010年の山納めをしてきた。(2010/12 /26)

朝から山納めに相応しい上々吉の晴天。道了尊でバスを降り、身支度を整えて出発。バス停近くの橋の欄干には、この日のゴールの山一蒲鉾店の銘を見つけ、幸先の良い予感がする。

本堂の左手、天狗の下駄の登山口から出発。ジグザグに登って尾根に上がると、植林帯の上を吹き渡る風の音がすごい。暮れも押し詰まりさすがに登山客は少ないが、それでも見晴小屋跡では先客の3人が休憩していた。昨年来たとき、霜解けのぬかるみで泣かされた防火帯の道も、今回は時間が早いのでサクサクと快適に進むことができた。明神水の上で、丹沢山塊から相模湾まで素晴らしい景色が一望できた。

尾根から外れ沢の詰めで山腹を巻く。日が射さないので霜柱が驚くように育っている。ほどなく明神ヶ岳の山頂直下に着く。昨年は、ぬかるみがひどく登るのをあきらめたが、この日は難なく進むことが出来た。

1年来の宿願だった明神ヶ岳についに登頂!それにしてもひどい風だ。展望を楽しむどころではない。風が巻いて南面の崩壊地に押し出されそうになる。滑り落ちたら多分一巻の終わりであろう。金時山と富士山が重なる絶好のビューポイントだが、あいにくの雲で裾野しか見えない。

あまりの強風に山頂からは次々と人が去っていく。自分も早々に退散し明星ヶ岳へと向かう。、尾根伝いにズンズン下り、宮城野分岐あたりから道は平坦となる。両側のササ竹のお陰で強風も気にならない。

ひと登りすれば宮城野橋分岐。すぐ先の木立の中に明星ヶ岳の山頂標識があった。脇には御嶽大神の祠が祀られている。ピーク感がなく、標識がなければ山頂ということに気がつかないだろう。お弁当を食べる雰囲気でもなく、そそくさと宮城野橋分岐に戻り下山する。

少し下った大文字焼きの場所は、展望が開け晴らしい眺めだ。正面には神山や駒ヶ岳、右手には富士山。眼下の強羅の町並みはまるでミニチュアのようだ。

岩の多い急坂がふもとまで続く。登山口から車道を下り、別荘地を抜ければ宮城野橋のバス停。国道1号線を少し戻り、宮城野温泉会館でひと汗を流した後、ここで缶ビールとお弁当にした。

宮城野から小田原行きのバスに乗り山一蒲鉾に向かう。蒲鉾や伊達巻を買い、久し振りに社長の山口氏としばし世間話をした後、15時05分のロマンスカーで家路についた。

(コースの記録)
道了尊(最乗寺)バス停08:30~登山口(天狗の下駄)08:35~見晴小屋09:15(休憩)09:20~神明水09:40~明神水10:10~明神ヶ岳10:30(休憩)10:40~宮城野分岐11:10~宮城野橋分岐11:37~明星ヶ岳11:41~宮城野橋分岐11:48~大文字12:00~登山口12:30~宮城野温泉会館12:40

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中