小仏城山北東尾根から景信山へ

前の晩に服用した安定剤のせいで起きたら7時半。この時間からでは近場しか行けないなぁ、と地図を眺めていたら日影から小仏城山に通じるコースを見つけた。ググってみると小仏城山北東尾根とある。山と高原地図2009では赤の実線が引かれているが少々マイナーコースっぽい。こりゃ放っとく手はないわ、と早速歩いてみた。(2011/10/23)

いまいちの空模様のせいか時間が遅いのか高尾駅発の小仏行きバスはガラ空き。日影バス停で降り日影林道を入る。少し歩いて目印の電柱(中継支6)を見つけた。と、ここで急に催してしまい、この先にあるウッディハウス愛林でトイレをお借りした。

用を足してから再び電柱に戻り、ここから日影沢の対岸に渡る。前日降った雨のためか沢の水量は結構多い。水面に出ている石を恐る恐る伝いながら渡渉する。出だしからなかなか趣きあるコースである。

地図は沢を渡ってそのまま左上に登るように線が引かれているが、道標はおろかそれらしき道は見当たらない。試しに右手に進んでみるとロープで仕切られた植生保護の区画に突き当たり、そこから斜面を登る踏み跡をみつけた。入口は少しヤブっぽいが、そこを過ぎれば歩きやすい道が続く。少しの間トラバース気味に進んでからジグザグに登り尾根に上がる。

尾根道は、自然林と植林が半々で、総じて緩やかな歩いて気持ちのよい道だ。小仏城山に近づくにつれやや急坂をジグザグに登る。登り切って平坦な自然林を進むと東電の作業林道に合わさる。

城山の手前で分岐して小仏峠へと向かう。行き交う人も急に増えてきた。少し歩いて小仏峠、そして景信山までは毎度歩き慣れた道だ。雲が多く山頂からの眺めは楽しめず、その代わりにいつものナメコ汁に山菜の天ぷらを奢って、至福のひと時を過ごした後、小仏バス停へと下山した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中