からめ手で行く鍋割山

正月2日に大山へ登り、冬の丹沢の良さをあらためて感じた。そもそも起点が町田なので小田急の方が便がよく、しかも運賃も安上がりで助かる。今年2回目の山歩きは、久し振りの鍋割山へ、こちらの記事で見つけた少し変わったルートで行くことにした。(2012/01/08)

新松田駅から富士急バスで寄(やどりぎ)に向かう。乗客は20人前後、ほとんどが登山客だ。全員終点の寄バス亭で降りた。ほとんどの人は宮地山かシダンゴ方面に向かって行った。自分と同じ方面へは3名ほど。出発前に一服し、身支度を整えてから出発。

バスが来た道を少し戻り、石垣の鍋割山への道標に沿って進む。民家の間を抜け、茶畑の農道をくねくね上がっていく。途中に「鍋割山→」という道標が立つが、肝心の農道から登山道に入る分岐に道標がなく少し不親切か。シカ除けのフェンスが目印である。

植林の中をゆるゆる登って行くと突然アスファルトの道に出た。地元の方だろうか、10人ほどのオジサンたちが集まって騒々しく何やら相談している。スミマセンと間を割って道路を横断して階段を登る。再び植林帯の道を進む。自然林に変わり明るくなってきたと思ったら櫟山(くぬぎやま)だ。芝生の草原状の山頂からは、南東方面の見晴らしがよく、秦野市街から相模湾まで望める。お弁当を持ってここだけ訪れてもいいなと思った。

櫟山を後に栗ノ木洞に向かう。ほぼ全部植林帯の中を進む。短い急坂を登り切るとあっけなく栗ノ木洞の山頂。周りは植林に囲まれて見晴はまったくない。立ち止まるまでもない山なので先に進む。ここからは急坂を降りる。降りきると平坦で明るい道がしばらく続く。小さなピークを越せば、やせた尾根が現れた。ようやく後沢乗越である。目の前にはこれから向かう鍋割山がそびえる。

二俣からの道と合流し、ここから登山者が一気に増える。似非ピークに惑わされず、ゆっくりじっくり鍋割山頂を目指す。日当たりがよく暖かいので背中は汗びっしょりである。いつ歩いてもきつい道だ。やっとも思いで山頂に着いた。11時過ぎ、山荘は鍋焼きうどんを求める人で長蛇の列である。

山頂からは今年初めての富士山を拝むことができた。ここの富士山の眺めはやはり素晴らしいと思う。ますます人が多くなってきた。お昼はもう少し後にして先に進む。葉の落ちたブナ林の間を歩き小丸のピークを過ぎ、少し先に小丸尾根の分岐があった。分岐を右に入ると、芝生状になった眺めが素晴らしい場所だ。丹沢表尾根の山々、その向こうには大山が見える。何面はやはり秦野市街から相模湾が望める。人混みの鍋割山頂よりよほど気持ちよい場所だ。参考記事の作者よーじさんに感謝。ここで持参のおにぎりとサーモスのお茶でお昼にする。

さてそろそろ下山開始。下りも初めてのルートの小丸尾根で二俣へ下ることにする。出だしからかなりの急坂だ。行き交う人も少ない。やや岩が多く歩きにくいところもあるが分かりやすい道だ。急坂が落ち着くと道は植林帯と自然林の境目を下るようになる。途中に道標はあるにはあるが全て登り用である。植林作業道に導かれやすく、初めて下りで使うには少し注意が必要な道に感じる。大倉尾根に並行するだけあって、こちらもかなり長丁場だ。二俣に降り立ったときは少々膝が痛かった。

ここから大倉まで、下山後の単調な林道歩きは堪える。同じようなカーブを繰り返しようやく大倉にたどり着いた。ちょうどバスが出たところだ。林道歩きで足も痛い、どんぐりハウスで燗酒をやりながらのんびりと帰ることにした。

(コースの記録)
新松田駅07:55=08:20寄バス停08:25~櫟山09:40(休憩)09:50~栗ノ木洞10:05~後沢乗越10:25~鍋割山 11:20~小丸尾根分岐11:45(お昼)12:15~二俣13:30~大倉14:40

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中