春うららかな南高尾山稜

このところ週末のたびにぐずついた天気が続いていたが、春分の日は久し振りに良い天気となった。貴重な好天の休日は、のんびりと南高尾山稜を歩くことにした。(2012/03/20)

橋本駅から三ヶ木行きのバスに乗り、クラブ前バス停で下車。目の前のコンビニで飲み物を買って峰の薬師入口まで車道を歩く。三井大橋の脇には歩行者用の「三井そよかぜ橋」がほぼ完成間近だ。2年前きたときは何もなかったのに随分と短い工期で架けられるものだと感心する。

登り口では馬頭観音のほか数体のお地蔵様が出迎えてくださる。参道らしい歩きやすい道をゆっくりと上って15分ほどで峰の薬師に着いた。静閑な境内で一休みして出発。国交省城山無線中継所の電波塔を過ぎ、榎窪山からは目的地の小仏城山が見えるが、かなり距離がありそうだ。

泰光寺山を過ぎ、見晴台からは大きくうねった相模川と三ヶ木の町並みが眼下に広がる。中沢山の観音菩薩像を一拝みしてからここで一服。思ったよりアップダウンが多く歩き甲斐がある。

だんだんとすれ違う人が多くなってきた。ほどなくコンピラ山、そして大洞山を過ぎれば大垂水峠はそぐそこ。国道20号線の陸橋を渡り、すこし千木良方面に歩くと小仏城山への登り口があった。

沢沿いの道をしばらく進み、沢を左に渡ると尾根の斜面を上る。途中から木の階段道になり、足にこたえる。一旦緩やかな植林の中を進み、城山山頂が間近に見えると最後の急登となった。たぶんこの道が城山への一番きつい道ではなかろうか。

喘ぎながら上りきると高尾山一丁平からの道に合流。一気に人の往来が増える。天気も良く城山山頂は大賑わいだ。山頂からの眺めもそこそこに、茶屋に駆け込み、ビールとなめこ汁を注文。

こちらのなめこ汁は、少しとろみがついたしょう油味のつゆだ。賽の目の豆腐も入ってボリウムがあるが、なめこは市販のものだろうか。どちらかというと自分の好みは、かげのぶ小屋の味噌仕立てに軍配が上がる・・・てなことを考えながら、陽春の山頂でのんびり過ごた。帰りは千木良へ下り、相模湖駅前のかどやさんで再び飲み直したことは言うまでもない。

(コースの記録)
橋本駅08:12=08:37クラブ前バス停08:40~峰の薬師入口09:10~峰の薬師09:25~榎窪山09:47~泰光寺山10:10~中沢山10:50~大洞山11:15~大垂水峠11:40~12:25小仏城山13:00~千木良13:45~相模湖駅かどや14:25

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中