滝子山、寂ショウ尾根で登ってみた

滝子山南尾根、通称寂ショウ尾根を歩いてみた。山と高原地図(大菩薩嶺/2010年)には破線路で示されているが、登りに使えばまったく歩きやすく、素晴らしい道だった。(2012/05/26)

笹子駅からは数人、滝子山へ向かっていく。寂ショウ尾根は初めてなので先行者を窺えば、妙齢のひとりのご婦人が寂ショウ庵へと向かったので同道することにした。登山口で身支度を調え、ご婦人に道の様子を問えば、気持ちのいい素晴らしい道ですよ、とのこと。お礼を述べて先に行くことにした。

寂ショウ庵から少し登って林道を横切り、急坂を登り切ると素晴らしい道が続く。ゆったりと自然林の中を歩く。先にも数人のパーティーがいる。破線路とはいってもなかなか人気の道のようだ。徐々に勾配が増してくるといよいよこのコースのハイライト、岩場が現れてきた。

下りのときは確かに危険かもしれないが、登りなら3点支持で気をつけて登れば大丈夫。終盤にはミツバツツジが咲き乱れ桃源郷の様な道を進む。

滝子山山頂からの富士山。

山頂に咲いていた白い花。(名前は調べ中)

下りはスミ沢コースで下る。お昼を回ったのに、ぞくぞく登って来る。

帰り途、笹一酒造に寄って、お土産とともにカップ酒「武田二十四将」を買う。車中の一杯がとても美味しゅうございました。

(コースの記録)
笹子駅8:30~寂ショウ庵入口9:05~滝子山11:35-12:00~曲沢峠12:40~大鹿峠13:00~林道出合13:30~道証地蔵1340~笹一酒造14:15-14:25~笹子駅14:35

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中