甲武信小屋音楽祭に行ってきた

初めての甲武信岳行き。山歩きはもちろん、甲武信小屋で小屋番さんたちが催すライブを楽しみに、8月最後の週末に登ってきた。(2012/8/25-26)

塩山駅からバスで約1時間。終点の西沢渓谷で降り、敬服してやまない田部重治先生の石碑を拝見してから徳ちゃん新道で登る。ヤマレコのレポで覚悟はしていたものの、噂にたがわぬ登り一辺倒の道。午後からの雷が心配でややハイペースだったこともあり、甲武信小屋に着いたときにはよれよれ状態。甲武信ヶ岳の山頂は明日の楽しみに取っておこう。

夕方までビールや缶酎ハイをやりながらのんびりと過ごし、夕食の後は、いよいよ北爪さんとその仲間によるライブ。北爪さん、ブルースが似合いそうな渋いボーカルでなかなか芸達者だ。観客の大半は常連さんらしい。ライブの後で打ち上げがあったようだが一見の自分は少々気後れ。明日もあるので2階に引き上げカップ酒で独酌して早々に寝た。

明けて2日目。小屋を後に甲武信ヶ岳の山頂に向かう。国師ヶ岳から金峰山、その向こうは中央アルプスの山々。まったく素晴らしい展望に後ろ髪を引かれる思いで十文字峠へと出発する。これぞ奥秩父といった苔むす針葉樹林の森の中を、登り下りを繰り返しながらのんびりと下って、ようやく十文字峠に着いた。十文字小屋でビールでも一杯と思ったがあいにく小屋番さんは留守。一服してから毛木平へと八丁坂を下る。昨日からの疲れでつまずきそうになりながら沢沿いの道を下り、水量豊富な千曲川にかかる橋を渡って毛木平の駐車場に着いた。楽しかった2日間の山歩きもこれで終わり。照りつける日差しの下、レタス畑が広がる戦場ヶ原のアスファルト道を梓山へと向かった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

(コースの記録)
1日目/塩山駅8:30=西沢渓谷入口9:40~徳ちゃん新道入口10:15~近丸新道分岐11:45~(途中昼食)~木賊山手前の分岐13:15~甲武信小屋13:45
2日目/甲武信小屋06:00~甲武信ヶ岳06:20~三宝山07:00~尻岩07:55~大山08:30~十文字小屋09:00~毛木平駐車場10:15~梓山11:25(白木屋旅館で入浴・休憩)12:58=信濃川上駅13:28

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中