子供の日は権現山へ

毎年恒例となった子供の日の権現山行き。今年も薫風清々しい五月晴れのなかを歩いてきた。(2013/05/05)

GWの大混雑を予想した上野原駅のバス乗り場は、思ったよりも人が少ない。8:08発飯尾行きのバスは余裕で座ることができた。用竹で5人ほどが降りたが、自分はお昼の調達に、少し先の「コンビニせきもと」の前で降ろしてもらう。このお店のおにぎりや稲荷寿司はすべて手作りで美味しく、少々遠回りになっても買いに寄る価値は十分にある。

20130505-01

店先のベンチで身支度を調え用竹バス停に引き返す。先に降りた人達はすでに出発し、ひとり静かな山に歩を進める。尾根に上がるまではやや急坂、何度か切り返して登っていく。やがて傾斜が緩やかになり墓村から上がってくる道を合わせる。新緑が目にも鮮やか。少し冷気を含んだ風が吹きわたり気持ちが良い。

20130505-02

御林峠からの道を合わせると二本杉山。さらに進んで寺ノ入山。木立の間から電波塔の建つ雨降山が見えてきた。植林を抜け笹の中の道を少し登って雨降山。ここまで一気に歩いてきたので小休止する。電波塔の裏からは雲に隠れて裾だけの富士山が見えた。

20130505-03

緩やかな道を少し歩けば大ムレ権現社。お参りをして急坂を登り切って権現山の山頂。GW中とはいえ大岳山に比べればハイカーの数はぐんと少ない。南の展望はあきらめ、北を向けば正面に三頭山や笹尾根の峰々、かなたに大菩薩、雲取と大パノラマを楽しんだ。ハイカーが増えてきたので来た道を引き返して下山。昨年見つけたベンチでお昼にする。

20130505-04

まずはノンアルビールで喉を潤し、せきもとの弁当を開ける。本日は唐揚げ付きおにぎりセット。唐揚げがビールのつまみにうれしい。おにぎりの塩加減もちょうどよい。具のシャケは安直なフレークではなくきちんと焼いた切り身。もひとつの高菜炒めもなかなか乙。

20130505-05

大満足のお昼をすまして帰路につく。今日は和見の集落を訪れてみる予定。和見分岐から尾根道と分かれぐんぐん下って和見峠。ここから舗装された林道を40分ほど歩いて和見の集落。斜面にわずかな畑が広がる長閑な集落だ。

20130505-06

もう少し続くと思った家並みは案外短く終わってしまった、和見川に沿ってふたたび人気のない寂しい舗装道を延々と歩いき、1時間ほどかかってようやく和見入口バス停にたどり着いた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中