甲武信ヶ岳

8月最終土曜日に催される「甲武信小屋音楽祭」を楽しみにしていたが、近づく台風15号コンランを避けて、予定を繰り上げ8月29日に行ってきた。(2013/08/29-30)

平日なので西沢渓谷行きのバスは山梨市駅発しかない。登山口に着くのが10時40分過ぎといささか遅いがしようがない。敬服止まない田部先生の碑に一礼して、徳ちゃん新道をひたすら登る。

20130829-1

高度を上げるにしたがい邪悪な様相の雲が出てきた。今にも降り出しそうで否が応にもペースが上がる。ようやく樹林を抜け崩落地。ここまで来たら後は楽勝。眼下に広瀬湖を眺めながらヤマザキのランチパックで昼ごはん。

20130829-3

4時間ほどで小屋に着いた。中からは北爪さんのギターの音。音楽祭の練習に余念が無いようだ。ハイペースで疲れたので、山頂は明日にしてとりあえずビール。この日のお客さんは5名。静かな山懐の夜だった。

20130829-2

明くる30日。朝食をいただきながら日の出を拝む。なかなか上天気だ。来年の音楽祭楽しみにしてるよと挨拶をして山頂に。かなり風が強い。雁坂峠まで稜線歩きは辛そうだし金峰の方角からは暗雲が流れてきそうな気配だ。同宿した年配の方は徳ちゃん新道をピストンとのこと。それではと、こちらは千曲川水源の道へと向かう。

20130830-1

初めて歩く千曲川水源ルート。主脈から少し下って水源の碑。ここからの一滴がやがて信濃川という大河となって日本海に注ぐのだ。

20130830-2

昨日の登りとは対照的な緩やかな道だ。シラビソの樹林帯が終わるとこんどは白樺のなかを下る。

20130830-3

細く弱々しい水の流れはすぐに小さな滝を形成するまでになる。

20130830-4

そして滑滝。もう立派に一人前の沢。やがて沢は怒濤のような水量の千曲川へと変わっていく。

20130830-5

落葉松林を抜けてあっという間に毛木平。名産レタス畑の中をのんびり歩いて梓山。白木屋旅館の前から9時55分発のバスに乗り、名残惜しい2日間の山旅は終わった。

20130830-6

おしまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中