北高尾山稜から陣場山

三賀日も終わり長かったお正月休みも残りあと2日。天気も曇りがちで小遣いも心細い。こんな日は近場に限ると、久し振りに北高尾山稜から陣場山へ歩いてきた。(2014/1/4)

とは云っても八王子城址から通しで歩くほどの根性はない。以前歩いた「夕焼け小焼けふれあいの里」からスタートする。陣馬高原行きの急行バスは見送って鈍行でゆっくり座って行く。夕焼け小焼け前で降りたのは例によって自分一人。管理事務所に一礼して園内を通過し、いろは坂を登る。

ふれあいの里に入る
ふれあいの里に入る

いろは坂の大きなジグザク道を登り、坂の終点から山道が始まる。歩きやすいがなかなかの急登で一気に体が暖まる。左は植林、右は葉の落ちた雑木で明るく気持ちのよい道だ。薄暗い杉林に入り直登すると黒ドッケ。八王子城山からの道と合流し北高尾山稜に入る。

黒ドッケ
黒ドッケ

黒ドッケから一旦下って岩場を登り返すと湯ノ花山。周りはまばらな雑木で明るいピーク。南にはハイカーのメッカ、高尾陣場縦走路が横たわる。対照的にこちらは人っ子一人いない静かな山道だ。

湯ノ花山
湯ノ花山

なだらかな坂を下り小さなピークを越えふたたび登って大嵐山。ベンチに腰かけ一服する。

大嵐山
大嵐山

ここから道は南に折れ明るい平坦な道がつづく。送電線の鉄塔を過ぎ杉林の中を登ると三本松山。指導標に山名板がつけられているが、手元の守屋地図(2011/3版)では、三本松山はもう少し先のP611となっている。まぁいずれにしても大した問題ではない。

三本松山
三本松山
守屋地図による三本松山P611
守屋地図による三本松山P611

ここから大きく下って左に小下沢林道が見え始めると関場峠。ふたたび現れる急登をこれが最後と一踏ん張りする。植林を抜け西に開けた芝生の道を少し登れば北高尾山稜の終点、堂所山。登り始めてからここまで出会ったハイカーはわずかに二人。静かな山歩きはこれにて終了。高尾陣場縦走路に出て大勢のハイカーが行き交う道を陣場山を目指してゆるゆる向かった。

堂所山
堂所山

(コースの記録)
夕焼け小焼け8:55~夕焼け分岐9:45~黒ドッケ9:55~大嵐山10:10~三本松山10:25~関場峠10:35~堂所山11:05~明王峠11:35~陣場山12:20

(交通機関)
町田7:20=7:45八王子7:53=8:01高尾(バス)8:15=8:40夕焼け小焼けBS

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中