小原から孫山、吉野矢ノ音へ

今一つ天気のすぐれない日曜日、近場の山ですまそうと「高尾山登山詳細図」で見つけた44孫山小原コースを歩いてみることにした。(2014/2/2)

相模湖駅を8時39分発の八王子行きバスに乗り小原で下りる。目の前には小原宿本陣があった。バス停から少し先にある「小原の郷」には孫山を指す道標があった。ここで身支度を調えて出発。

小原の郷
小原の郷

中央線の高架をくぐり舗装路を上ると小さな住宅地がある。その手前には孫山を指す道標があった。守屋地図によると登山口はまだ先。そう言えば最近、孫山への道が整備されたと聞いたことがある。途中で合流するのだろうと、ここから入ってみた。

新しい孫山への登山口
新しい孫山への登山口

入口には「この先イノシシや熊に注意」の立て札があった。人も少なそうなのでラジオのスイッチを入れる。急斜面のジグザグ道を登りきり尾根に上がると緩やかになった。

尾根に上がる
尾根に上がる

どのあたりで合流するのだろうと、踏み跡に従ってのんびり進む。ところどころ階段が設けられた整備された道だ。

気持ちのよい道
気持ちのよい道

いつまで行っても緩やかな道だ。三本丸太の橋もないしC級らしい道でもない。半信半疑でも登って行くと、案の定、目的地ではく子孫山ノ頭に着いてしまった。来た道を振り返ればかつて見たことがある風景。新しく整備した道とはこのことだったか。

子孫山ノ頭
子孫山ノ頭

のんびり歩くにはちょうどよい道を見つけたと気を取り直して先に進む。与瀬神社コースに下りて明王峠へと向かう。孫山分岐の手前で右に下るうすい踏み跡を見つけた。たぶんこれが例のコースだろう。またの機会にと今回はパス。大平小屋を過ぎ道が矢ノ音を巻くところに急斜面を登る踏み跡を見つけた。いままで見つけることができなきなかった矢ノ音直登ルートである。これを素通りする手はないとさっそく登って見る。

矢ノ音直登ルートの分岐
矢ノ音直登ルートの分岐

木に掴まりながら登るような急斜面だが整備はされている。道に沿ってケーブルが敷設されており何かの作業道なのだろう。

終始急登がつづく
終始急登がつづく

いつきても静かな矢ノ音で小休止する。ちなみに直登コースは、下の写真の山頂標識から水源の森の杭方向の先にある。

吉野矢ノ音
吉野矢ノ音

以前から気になっていた道を踏むことができプチ満足。とうとう雨がポツポツ来はじめたが、気分は絶好調。折り畳み傘を差して足取りも軽く明王峠から陣場山へと向かった。

(コースの記録)

相模湖駅08:39=小原BS08:45~小原の郷08:50~登山口08:55~子孫山ノ頭09:35~孫山09:45~09:55大平小屋10:00~矢ノ音10:15~10:45明王峠10:55~陣場山11:35

20140202-00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中