穴川尾根から南高尾山稜を歩く

相模の低山(守屋龍男著)」という本に載る「牡龍籠(おたつご)山から峰ノ薬師へ」コースには、穴川尾根という旧城山町(現相模原市緑区)の穴川地区から城山湖までのんびりした尾根歩きが楽しめる道が紹介されています。うららかな春の日曜日、南高尾をつなげて歩いてみました。(2015/03/15)

相原駅前から法政大学行きのバスに乗り圓林寺前で降ります。圓林寺は大賀ハスで知られ、私も数年前花の写真に凝っていた頃当寺を訪れたことを思い出しました。バス停のすぐ先を左折し団地を抜け県道を渡って少し左に行くと穴川尾根の入口がありました。

趣のある入口
趣のある入口


谷戸の風景を楽しみながら手入れの行き届いた尾根道をのんびり歩きます。

のんびりした雑木の尾根道
のんびりした雑木の尾根道

途中には、小松城跡や神奈川の森林50選のヒノキ林、戦国時代の史跡といわれる評議原などの見所があります。一旦舗装路に出て階段を登ると金刀比羅宮です。

金比羅宮
金比羅宮

金刀比羅宮にお参りして神社の後をさらに登ると、航空神社が祀られた牡龍籠(おたつご)山の頂上です。小さな社には旧日本海軍の戦闘機のミニチュアが飾られています。(機種は不明)

航空神社
航空神社

道は神社の後ろに延び、すぐに下って城山湖畔の舗装道路に下ります。揚水発電所の建物の前を通り再び湖畔の散策道に入ります。

道が大きくカーブし左側の斜面が高くなる手前で散策路を右に分け、小さな道標にしたがって峰ノ薬師への道に入ります。

峰ノ薬師への分岐
峰ノ薬師への分岐

そこから少し先に道標がない右に分かれる踏み跡を登りきると電波棟施設の裏側に出ました。ここから南高尾のコースに合流です。

電波塔施設の裏にたどり着く
電波塔施設の裏にたどり着く

榎窪山、草戸峠、泰光寺山と過ぎ、お目当ての東山で一服します。ここは、静かな南高尾にあってさらに人気がない知る人ぞ知るスポット。標識も何もないのでわざわざ足を踏み入れる人もいないのでしょう。

東山への分岐(というか入口)
東山への分岐(というか入口)
何カ所かベンチがある
何カ所かベンチがある

休憩を終えて、ふたたび中澤山、コンピラ山、大洞山とアップダウンを繰り返しながら進み、大垂水橋で甲州街道を渡ります。いつもはここから小仏城山か高尾山に向かいますが、本日はここで山歩きは終了。かねてより行きたかった大垂水峠のラーメン屋「富士屋」 さんに向かいます。

さっそくビールと手作り餃子で一人乾杯。ボリューム満点のチャーシューメンをいただき大満足。少し遅れてきた相模湖駅行きのバスの乗り充実した山歩きを終えました。

(コースの記録)
圓林寺前BS 08:30~穴川尾根入口08:48~小松城址09:00~穴川のヒノキ林09:13~金比羅宮09:25~航空神社09:35~電波塔裏10:00~10:30東山10:45~中沢山11:15~コンピラ山11:22~大洞山11:40~大垂水橋12:15~富士屋12:30=相模湖行きバス13:29

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中