新緑の倉岳山

ゴールデンウィークでも静かに新緑を愛でることができるコースをと考え、上野原秋山地区の浜沢集落から倉岳山に向かうことにしました。(2015/5/5)

本日のコース
本日のコース

上野原駅8:30発の無生野行きバスはいつもながらガラガラ。増発便がでるほど大盛況の坪山方面行きと対照的です。45分ほどバスに揺られ浜沢に着きました。ここから登るのは約2年半ぶり、道中の様子はすっかり忘れてしまい、初めて訪れたような新鮮な気分です。

王の入まんじゅう つるや
王の入まんじゅう つるや

先ずはバス停横にある「王の入まんじゅう つるや」さんでお土産の酒饅頭を買いました。薪で焚く蒸籠から立ちのぼる酒饅頭の香りが店先に漂います。朝早いというのに店先には数台車が停まり、その人気が伺えます。

市内の酒まんじゅうの倍はある!
市内の酒まんじゅうの倍はある!

お饅頭をリュックに仕舞い身支度を整えて出発。ところが峠道の入り口を通り過ぎてしまい、どん詰まりのお宅でたずねると親切に教えてくださり、さらに「最近ヤマノモノが出てるから気をつけな」とのこと。ヤマノモノ?と聞けばシカやイノシシとのこと、そこにクマが加わっていたら中止したかも分かりません。

やや荒れた道
やや荒れた道

はじめはゴロ石の多いカラ沢のような道ですが、高度を上げるにスギ林から濶葉樹林の歩きやすい道に変わり、まぶしいくらいの新緑の中を歩みます。

新緑に包まれながら登る
新緑に包まれながら登る

すこしザレたトラバース道から支尾根に上がると、ほどなく立野峠に着きました。

立野峠
立野峠

ここから何度かアップダウンを繰り返します。倉岳山の山頂直下は、木立を掴みながら喘ぐように急斜面を登ります。

喘ぐように登る
喘ぐように登る

曇り気味の空でしたが、日頃の善行の甲斐でしょうか、美しい富士山を拝むことができました。

20150505-07

何人かのハイカーと入れ違いに山頂を後に、穴路峠からオシノ沢沿いの道を下ります。こちらもうっとりするような美しい新緑に迎えられながらのんびりと下ります。

穴路峠
穴路峠
奥秩父を思わせる
奥秩父を思わせる
20150505-10
ミニサイズのナメ滝

最後は小篠貯水池の休憩舎でお弁当を食べ、新緑に包まれた静かな山旅を締めくくりました。

小篠貯水池
小篠貯水池

帰り途、鳥沢駅に向かう途中の虹吹橋からの風景を眺めていたら、ふと詩人尾崎喜八の散文「秋山川上流の冬の旅」の一節を思い出しました。

ただ静かに虹吹橋にじふきばしと名乗っている橋の名とその調和のとれた単純な様式とは、旅の朝の、しかもたったいま人寰じんかんを後にして来たばかりの僕の心を、咲く花の物言わぬ喜びのようなものでふくらませた。(中略)
川は二町ばかり上手で北へ折れ込んでいるが、突当りの右岸には第二次の河岸段丘がこれも雪の畠か水田の雛壇をのせ、さらにその上に第一次の段丘が棚のようにひろがっている。

虹吹橋より
虹吹橋より

(コースの記録)
上野原駅08:30=浜沢BS09:10~つるや09:25~立野峠入口09:30~立野峠10:00~10:25倉岳山10:45~穴路峠11:08~地蔵分岐11:39~12:05小篠貯水池12:35~鳥沢駅13:10

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中