高尾山 逆沢作業道を歩いてみた

高尾山のマイナーな登路のひとつ、逆沢作業道を探索してきました。(2015/10/18)

本編は、当初「郵便道を歩く」というテーマで投稿しましたが、高尾山事情に詳しい方より、ここに書かれた道は「逆沢作業道」であり、かつての郵便道は現在の「いろはの森コース」であるとのご指摘をいただきました。自分なりに調べたところ、指摘どおりであることを確信しましたので表記を改めました。

逆沢作業道は、日影沢林道をキャンプ場からさらに進んだところに入口がありますが、せっかくの天気なので、一先ず景信山から城山まで歩き、ランチの後で向かうことにしました。

城山茶屋名物のナメコ汁に一言堂さんの広島菜おにぎりが絶妙にマッチします。

本日のランチ
本日のランチ

腹ごしらえもすみ、いよいよ郵便道の入口に向かいます。日影沢林道(NTT巡視路?)は初めて歩きましたが、見晴らしのよい舗装路で、まるで山岳ハイウエイのようです。

車止めゲートで大きく左にカーブすると、ここから沢沿いの砂利道になりました。しばらく下ると作業道の入口があり、この道は一丁平の高圧鉄塔付近で奥高尾縦走路とつながっているようです。

20151018-2
一丁平から下ってくる道のようだ

沢にかかる橋を何度か渡りながら林道を下り、ようやく逆沢作業道の入口を見つけました。

郵便道の入口(向こうから下ってきた)
作業道へは小さな橋を渡って入る(右上の方から下ってきた)
20151018-4
少し入ると逆沢作業道の標識

結論から言うと、谷の斜面についた薄暗い道を淡々と登るだけで、歩いて楽しい道ではありませんでした。道幅が広く砕石の敷かれた道は特に危険な箇所はありませんが、登り一本調子が足にこたえます。

砕石を積んだケルンが何箇所もある
砕石を積んだケルンが何箇所もある

周りが少し明るくなり右手から人の声が聞こえてきたと思ったら、見覚えのある もみじ台の巻き道に合流しました。

20151018-6
もみじ台の巻き道に合流した

あとは高尾山の一般道、山頂をパスして4号路でみやまの吊橋を渡って蛇滝口に下り、前回と同じ沢沿いの小路を高尾駅まで歩いて帰りました。

(コースの記録)
高尾駅08:50~小下沢梅林10:00~10:40小下沢広場10:50~11:40景信山11:50~12:25城山13:00~逆沢作業道13:30~紅葉台巻き道合流14:00~蛇滝口14:55~高尾駅15:45

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中