大井町富士見塚から曽我丘陵へ

小田急の駅で見かけた「曽我の梅まつり」のポスターに誘われ、よく晴れた建国記念日の休日、一度歩いてみたいと思っていた曽我丘陵のハイキングも兼ねて出かけました。(2016年2月11日(木/建国記念日)歩く) 続きを読む

道了尊から明神ヶ岳、明星ヶ岳へ

小田原の山一でお節の蒲鉾を買うのに引っ掛けて、箱根の明神ヶ岳から明星ヶ岳まで歩いて2010年の山納めをしてきた。(2010/12 /26)

朝から山納めに相応しい上々吉の晴天。道了尊でバスを降り、身支度を整えて出発。バス停近くの橋の欄干には、この日のゴールの山一蒲鉾店の銘を見つけ、幸先の良い予感がする。

本堂の左手、天狗の下駄の登山口から出発。ジグザグに登って尾根に上がると、植林帯の上を吹き渡る風の音がすごい。暮れも押し詰まりさすがに登山客は少ないが、それでも見晴小屋跡では先客の3人が休憩していた。昨年来たとき、霜解けのぬかるみで泣かされた防火帯の道も、今回は時間が早いのでサクサクと快適に進むことができた。明神水の上で、丹沢山塊から相模湾まで素晴らしい景色が一望できた。

尾根から外れ沢の詰めで山腹を巻く。日が射さないので霜柱が驚くように育っている。ほどなく明神ヶ岳の山頂直下に着く。昨年は、ぬかるみがひどく登るのをあきらめたが、この日は難なく進むことが出来た。

1年来の宿願だった明神ヶ岳についに登頂!それにしてもひどい風だ。展望を楽しむどころではない。風が巻いて南面の崩壊地に押し出されそうになる。滑り落ちたら多分一巻の終わりであろう。金時山と富士山が重なる絶好のビューポイントだが、あいにくの雲で裾野しか見えない。

あまりの強風に山頂からは次々と人が去っていく。自分も早々に退散し明星ヶ岳へと向かう。、尾根伝いにズンズン下り、宮城野分岐あたりから道は平坦となる。両側のササ竹のお陰で強風も気にならない。

ひと登りすれば宮城野橋分岐。すぐ先の木立の中に明星ヶ岳の山頂標識があった。脇には御嶽大神の祠が祀られている。ピーク感がなく、標識がなければ山頂ということに気がつかないだろう。お弁当を食べる雰囲気でもなく、そそくさと宮城野橋分岐に戻り下山する。

少し下った大文字焼きの場所は、展望が開け晴らしい眺めだ。正面には神山や駒ヶ岳、右手には富士山。眼下の強羅の町並みはまるでミニチュアのようだ。

岩の多い急坂がふもとまで続く。登山口から車道を下り、別荘地を抜ければ宮城野橋のバス停。国道1号線を少し戻り、宮城野温泉会館でひと汗を流した後、ここで缶ビールとお弁当にした。

宮城野から小田原行きのバスに乗り山一蒲鉾に向かう。蒲鉾や伊達巻を買い、久し振りに社長の山口氏としばし世間話をした後、15時05分のロマンスカーで家路についた。

(コースの記録)
道了尊(最乗寺)バス停08:30~登山口(天狗の下駄)08:35~見晴小屋09:15(休憩)09:20~神明水09:40~明神水10:10~明神ヶ岳10:30(休憩)10:40~宮城野分岐11:10~宮城野橋分岐11:37~明星ヶ岳11:41~宮城野橋分岐11:48~大文字12:00~登山口12:30~宮城野温泉会館12:40

晩秋の矢倉岳

今年の1月以来ご無沙汰していた南足柄の矢倉岳に登ってきた。

新松田から地蔵堂行きのバスに乗り、矢倉沢に降りたのが08時40分。空は青々と晴れ上がり、頂上からの眺望を思うと心が弾む。起点の矢倉沢公民館からは錦繍の矢倉岳が望める。

周辺は、里山ざる菊と銘打って、おまつりが開かれるほど盛んに栽培されている。登山口への途中にも何カ所かざる菊畑があった。

勾配のきつい農道を上がり一気に高度をかせぐ。登山道は、勝手知ったるとは言え、ほぼ登り一辺倒で汗をかかされる。期待した紅葉はすでに時期遅れ。登るにつれ空は雲に覆われてきた。

飛ばしに飛ばし、1時間10分ほどで山頂に着いた。麓で見えた青空が嘘のような荒涼とした風景にあ然とする。先客のカップルも何だか寒そうである。サーモスのコーヒーを飲みながらしばらく待ってみたが、雲が消える気配は一向にない。早々に下山を決めた。

下山は万葉公園方面へ向かう。今ひとつの天気のためか行き交う人も少ない。足柄公園の手前から万葉ファミリーコースで地蔵堂へと下った。

麓に下り立つと素晴らしい紅葉が迎えてくれた。

11時40分地蔵堂に到着。ひと拝みして「万葉うどん」に入り、さっそく瓶ビールとおでんで一人打ち上げ。はじめがら空きだった店内もすぐに満席となった。慌てて(注)湯うどんを注文した。打ち立て、茹で上げのうどんと少し酸味のあるツユが良く合う。お腹も心も満たされて12時25分のバスで帰路についた。

(注)この店は打ち立てのうどんを提供するため、タイミングを外すとけっこう待たされる。特にバスで帰る場合は注意が必要である。

厳冬の矢倉岳~足柄古道を行く

1月13日に丹沢では積雪があったとのことで、雪の無さそうな矢倉岳に行って参りました。(2010.1.16)
矢倉岳は約1ヶ月ぶり。前回は初冬とはいえ春のようなポカポカ陽気でしたが、今回はどうでしょう。

例によって、矢倉沢(本村)から登りました。

ほとんどの低木が葉を落としている中で、中腹に多く生えているアオキの緑が目にも鮮やかです。実も赤く色づいて、そこだけ冬じゃないみたいです。

てなことを思いながら久し振りの急登を登り終え、頂上まであと一息のところまで来ると・・・。
なんと、矢倉岳でも雪が降ったんですね。すでに踏み固められて滑りやすくなってました。

麓ではあんなに晴れていたのに、頂上まで来たら雲が出てきました。富士山は雲の中でまったく拝めず。金時山にもうっすら雪が積もっているのが分かります。
「矢倉岳にしておいて良かった」と思ったのも束の間・・・

下山しようと万葉公園方面へのルートを下り始めると、いきなり積雪!
写真では分かりづらいですが、頂上から続く急勾配の箇所はほとんどアイスバーン状態。
どうしよう 😦 アイゼンなんか持ってないぞ。

でも進まなきゃ始まらないので、文字通り這々の体でなんとかクリア。万葉公園まで無事下山できました。
今回は、ここから足柄古道を通って地蔵堂まで下りることにしました。足柄古道は今回初めて通ります。

古道の起点、足柄峠まで行くのはかなり遠回りになるので、このまま県道を下り、途中から古道に入ることにしました。

10分ほど下ると「足柄道→」という標識があり、そこから古道に入ることができました。
石畳の道やほとんど登山道といった感じの道を下ります。

見晴台の四阿(あずまや)付近。古道は、県道を縫うように地蔵堂方面へと下っていきます。

ようやく地蔵堂付近まで下りてくると、空から白いものがちらほら降ってきました。
こう寒いときは、やっぱり締めくくりは「万葉うどん」でしょう!
カレーうどんを待つ間、大根の酢漬けで純米酒「足柄古道」を一杯、いや二杯。・・・浸みました。

明神ヶ岳 ヘタレ行

「朝のうち所により小雨、昼前には晴れるでしょう」という天気予報に期待して、今日は予てから登ってみたかった箱根「明神ヶ岳」に向かいました。

小田急新松田駅からバスで関本へ。さらに最乗寺行きのバスに乗り換え15分ほどで終点の道了尊に到着。バス停からお土産屋さんの前を通り最乗寺への参道を進みます。石畳の参道を上がりきったところにある大きな赤い下駄の脇に登山道入り口があります。

20091226-1

登り始めはやや急登ですが、その後は気持ちの良い緩やかな登りが続きます。

20091226-2

途中2ヵ所林道を横断し、登り始めから約1時間ほどで明神岳見晴小屋に到着。非難小屋の前に設けてあるベンチで一服。この日は曇りでしたが、晴れていても名前ほど見晴らしはよくはなさそう。

20091226-3

見晴小屋近くにあった松と杉。お互いの根がヘビの交合にように絡み合って奇怪な雰囲気。

20091226-4

見晴小屋を後にして暫く行くと道の脇に朽ち果てた人工の構造物が。帰ってから調べてみると、かつてレジャー開発計画が頓挫して、そのとき敷設したロープウェイの残骸だそうです。ここから先の数箇所にも鉄塔の残骸らしきものがありました。

20091226-5

突然、一面ススキの原に飛び出し視界が広がりました。一見すると気持ち良さそうな道ですが、明け方降った雨のせいで踏み跡の道はぬかるんで歩きにくいこと。
延々と続くススキの原の終点には「明神水」の湧水があります。飲んでみたけど味はまぁ普通。天気が良い日に、振り返って湘南方面の景色を眺めながら喉を潤せば甘露に感じるかも。

20091226-6

明神水から一旦岩場を上がり、山腹を巻くように登山道を行くと明神ケ岳と明星ケ岳の分岐に到着。ここまで粘土質のぬかるんだ道で靴とズボンの裾が泥だらけ。スパッツを持ってこればよかった。
明神ケ岳山頂への道を見上げているとき、ちょうど下りてきた方がいたので聞いてみると相当なドロ道のようです。おまけに箱根側からの強風と霧(雲?)がひどく速攻で退散してきたとのこと。

20091226-7

しばし逡巡する私。登っても悲惨な状態なら止めとこうかというヘタレ虫が蠢きだしました。
あたり一面霧がたち込め、木々を渡る風の音も一層ひどくなってきた気がします。「遭難」という文字が頭をよぎってしまいました。こういう時単独行というのは臆病になりますね。
で、結局山頂行きは中止。「今度天気のいい日にまた来るからね」と山頂方面につぶやいて宮城野方面に下山することにしました。

下山途中の尾根道からは、霧の合間から宮城野の町が望めました。屋根や窓ガラスが光を反射してキラキラしているので下界はどうやら日が射しているようですね。山の天気を侮ってはいけないということが良く分かります。

20091226-8

既にモティベーションは0(ゼロ)状態で、明星ヶ岳もパス。迷うことなく一路宮城野へ。

20091226-9

宮城野まで下りてきて振り返ってみると・・・。
明星ヶ岳の山頂はすっかり晴れています。オイオイ・・・(泣)。

20091226-11

明神ヶ岳の方は、山頂はまだ雲の中です。少し納得。

20091226-12

最後の〆は宮城野温泉会館でひとっ風呂。
いまひとつ達成感がなかった今回の山登りでしたが、風呂上りのビールはいつもどおり美味かった。

20091226-10

初冬の矢倉岳

夏から始めた山登り、今年の締めは三ノ塔あたりでと考えています。
が、このところ大山下社参りとか弘法山といった散歩っぽい山歩きが続いていたので、本日はトレーニングを兼ね南足柄市の矢倉岳に登ってきました。
矢倉岳は9月下旬に登って以来約2ヶ月半ぶりです。

8時45分に矢倉沢バス停から出発。
今日は小春日和、というよりほぼ初夏のような陽気!出だしの急登ですぐに汗だく。12月というのにTシャツ1枚でちょうどいい感じでした。

頂上近くでは、写真のように冬枯れの落葉樹林が静寂なムードを漂わせていますが、実際は、暑くて汗だくでとても雰囲気に浸るどころではありません。

20091212-1

10:10に山頂に到着。こんなにいい天気なのに時間が早いせいか、私の他は反対側から登ってきた方が一人だけでした。

20091212-2

午後から用事があったので、少しでも早く下山するため、山伏峠から少し先の分岐から地蔵堂に下りることにしました。
が、このルート、分かりにくい箇所にテープの目印がなかったり、イバラが生い茂っていたりと、あまり整備されていません。また歩いていても気持ちのいい道でもありませんでした。
おまけに、昨日の雨で途中の沢が増水し渡るのにエラい難儀しました。もう少し水かさがあったら裸足になるところでした。

20091212-3

結局、山頂から地蔵堂まで約1時間半かかってしまい、こんなことなら慣れた万葉ファミリーコースで降りても変わりませんでした。

ふたたび金時山

あいかわらず土曜日には山歩き。昨日は、先々週初めて登った金時山に再び行ってきました。たった2週間の間に紅葉も進み、木立の間を歩いていてもぐっと秋の深まりを感じます。

20091024-2

前回は登りも下りも足柄側の道を使いましたが、今回は仙石原に下りてみました。

20091024-6

年配の方や小さな子供連れの方は、仙石原方面から多く登ってくるようなので、てっきり優しい道なのかなと思っていましたがとんでもない。岩が多くて段差のきつい道でした。これなら足柄側の道の方が優しいかも。

道幅も狭く、お昼どきの登頂を目指す方とのすれ違いで大渋滞。今回は金時神社に下りましたが、神社のほんの手前までゴロ石が続く歩きにくい道でした。でも景色はこちらの方がすばらしいですね。稜線の分岐あたりでは仙石原のススキの原が一望できました。

20091024-4

仙石原のススキを見て帰る予定でしたが、あいにく小雨が降り出したのでバスで宮城野に向かい、温泉会館で汗を流して帰路につきました。

今回はミナミさんに教えてもらった箱根登山バスの割引切符を利用したのでバス代もかなり節約できました。感謝です。

20091024-5