日本民家園

体育の日、所用で生田まで出かけた帰りに、カミさんが日本民家園を見たいと言うので寄ってみました。

一時期少し涼しくなってようやく秋らしくなってきたと思っていたのに、この日はまた夏ような陽気に逆戻り。それでも、大きく軒の張り出した茅葺き屋根と土壁の古民家の中はひんやりと涼しく、なるほど日本の気候に適した家造りの知恵を感じました。

ここには私は以前に来たことがあるので適当に園内を流していると、カミさんは思いのほか熱心に、一軒一軒つぶさに見学しています。聞けば、昔からこういう古民家に興味があったとのこと。ヘェー長年一緒にいるけど意外な一面を発見して少し驚きです。

持参のデジカメで古民家をバックに秋の一コマを撮ってみましたが、日差しが強すぎて古民家のしっとり感は表現できませんでした。

嬉しくもやがて寂しい

中央線方面の山行きのネックはJRの電車賃。
小田急で丹沢方面に行くのに比べると倍近くかかります。

そんなときに心強い味方を見つけました。JR東日本の「ホリデーパス」というキップです。それもただのホリデーパスじゃなく「大人の休日倶楽部会員用」というのがつくやつ。

そうです。とうとうミドルの会員資格を満たしてしまいました。
町田~鳥沢間なら、往復1,900円のところ1,500円。なんと400円もお得!

嬉しいけど、でも何だか少し寂しいな・・・。

お礼詣り

所用で都内に出掛けたついでに湯島天満宮に行ってきた。

こちらへは、娘の高校受験の試験当日に会社を遅刻してまで合格祈願しに来ました。
今日はその合格のお礼と願解きのお参りです。

神様にピンポイントのお願いをしたときは、それが叶っても叶わなくても願解きをしなさいと、何かで読んだことがあります。それを怠ると次からお願いを聞いてもらえなくなったり何かと不都合があるみたい。
神様がそんなセコいとも思えませんが、一応仁義は切っておかないとね。

お参りの帰りに「つる瀬」の桜大福をお土産に買いました。桜の花が散るまでの期間限定となんとも風流なこと。

大福のもっちり感とともに道明寺のような香りが何とも春らしいです。

歳も考えないと・・・

先日の高尾山( 2/27)の帰り、お酒を飲んだとはいえ何だかいつもより疲れたなと思っていたら、その日の夜から風邪を引いてしまいました。

それも質の悪い風邪だったようで扁桃腺が腫れ高熱が出てしまい、2日ばかり寝込む羽目に。それから2週間経つのにまだグズグズしてます。
気管支もやられたのか、夜寝入りばなに咳が出て止まりません。

昔は風邪なんか一晩寝たら治ったのに、やっぱり歳なんかなぁ。
面白いからって週末のたびに調子こいて山歩きばっかりしてたけど、少しは加減しないとね。